朝どれソング

朝どれソングとは...

ソングを毎月7日に2曲ずつ、二年間かけてお届けします。まずは萩京子作曲のソングを24曲、そして林光作曲のソングを24曲。とれたてのみずみずしい食べ物のように、みなさんのエネルギーの源になることを願って。

今月のソング(2019年11月7日公開)

♪わたしのすきなこなひきさん〈西田玲子〉/♪やさしかったひとに〈髙野うるお〉

映像:和久井幸一

萩京子・極私的作品解説

わたしのすきなこなひきさん
詩:マザーグース/谷川俊太郎、曲:林光

林光さんが「音楽教育の会」などの集まりに出かけて行くとき、歌をひとつ(?)作って行くことが多かった。
新幹線で書いた、とか、飛行機で書いた、というような話を何回か聞いたことがある。
新しい歌を作っていくことを約束していたのだろうか?
それとも、別に頼まれているわけではないが、楽しみで作って行ったのだろうか?
その行く先々で、できたての歌が喜びを持って迎えられるとき、それは光さんにとってもうれしい瞬間だったに違いない。なんとも言えないうれしさ。
そういう気持ちが曲に表れている。
そういうとき、光さんは自作の詩で歌を作ることが多かったように思うが、谷川俊太郎さんの詩も多く登場する。
この「わたしのすきなこなひきさん」も、1999年の京都音楽教育の会主催の「こどもとつくる音楽会」でお披露目され、集まったこどもたちが歌った、と記録にある。
谷川俊太郎さんの訳詩によるマザーグースは、どれもおもしろい。
光さんのマザーグースの曲も何曲もあるが、どれもおもしろい。

私はこの曲の「こなまみれ」のところで、突然ヨーロッパからアジアへ連れて来られるような感覚になる。
「こなまみれ」以外のところは、ヨーロッパの民謡の香りがする。
美しい水車小屋のむすめなんだろうなあ。この「わたし」は。
金と銀をみんなあげたいな、ということばも新鮮。
マザーグースっぽいところだ。
こなひきさんにお金持ちになってもらって、早くわたしをお嫁にもらって、ということなのかな?

歌のメロディーもピアノもシンプルでとてもきれいで、ユーモアもあって、とても楽しい曲だ。

詩を表示
わたしのすきなこなひきさん

つむじまがりで こなまみれ
わたしのすきな こなひきさん
うわぎはすっかり こなまみれ
かおもまっしろ こなのいろ
キスさえいつも こなだらけ
もしもわたしのポケットに
きんとぎんとがつまっていたら
みんなみんなあげたいの
わたしのすきなこなひきに




やさしかったひとに
原詩:野長瀬正夫、詩:山元清多、曲:林光

この曲は、1997年に上演された黒テント公演『夕日の老人ブルース』の劇中歌だった。
私はその『夕日の老人ブルース』を見ている。
とてもおもしろかったことは覚えているのだが、この歌がどういう場面で歌われたのか、忘れてしまった。
この歌は完全にお芝居から独立して、その後たくさんの人に歌われるようになった。
この詩は、主人公(わたし)を男としても、女としても読むことができる。
私は直感的には女の側で読みはじめてしまうのだが、「喪服のあなた」ということばが出てきたとき、その「喪服のあなた」は女の人のような気がして、では「わたし」は男なのかな?となる。
男の人が歌うのを聞いても、女の人が歌うのを聞いても、途中で物語が反転したりする。
聞き手としても、またピアノを弾くことでも、この歌と何十年もつきあっているけれど、いつまでも確信が持てないおもしろさ。
自分が先に死んで、葬式に「やさしかったひと」が来てくれると思っているところもおもしろい。
そして「儀礼的な軽い会釈」ということばも印象的。
ことばは尖っているが、そこのメロディーがそれまでより一層落ち着いてやわらかく語るように動くので、嫌味はあまり感じられない。
が、この詩は、一通残っていた手紙も燃やしてしまう、という強い意志に貫かれているし、実はかなり決然とした強い歌なのかも知れない。
でも、山元清多さんと光さんのやわらかさと深みのおかげで、別れのつらさやきびしさはソフィスティケートされていて、「さようなら」があまり宣言にならないところがステキな歌だと感じる。

詩を表示
やさしかったひとに

さよなら やさしかったひとよ
引出しの奥に
燃やしてしまったはずの
あなたの手紙が
一通はいってました

さよなら やさしかったひとよ
色褪せた柿の葉と
この手紙も燃やします
あなたがだれなのか
これでだれも知らない

さようなら やさしかったひとよ
時は過ぎ 日は去り
やがてわたしが灰になる日に
喪服のあなたを見ても
ひとは気付かず
あの儀礼的な軽い会釈をして
黙って通り過ぎていくことでしょう

さようなら やさしかったひとよ


♪ゆめ売り/♪明るいほうへ2018-07-07
♪あくび/♪電車2018-08-07
♪わたしのお月さま/♪枯れたオレンジの木のシャンソン2018-09-07
♪餞/♪朝に晩に読むために2018-10-07
♪唄/♪電線工夫2018-11-07
♪うたかたのジャズ/♪青いカナリア2018-12-07
♪空をかついで/♪小さな草2019-01-07
♪しあわせはこぶ銀のロバ/♪暗い柳の木立のかげ2019-02-07
♪ねむり/♪馬2019-03-07
♪ジャストマイサイズ/♪帽子屋さんの子守歌2019-04-07
♪水はうたいます/♪ひびかせうた2019-05-07
♪雨/♪わたしの好きな歌2019-06-07
♪石ころの歌/♪告別2019-07-07
♪魚のいない水族館/♪舟のうた2019-08-07
♪赤い魚と白い魚/♪ちょうちょうさん2019-09-07
♪花のうた/♪ぼくがつきをみると2019-10-07
♪わたしのすきなこなひきさん/♪やさしかったひとに2019-11-07
♪銀河の底で歌われた愛の歌/♪サザンクロスの彼方できこえた父が息子にあたえる歌2019-12-07
♪グランド電柱/♪だれが鈴をつけにいくのか2020-01-07
♪舟唄/♪影とまぼろし2020-02-07
♪つまさききらきら/♪月の船の歌2020-03-07
♪運命のジャズ/♪旗はうたう2020-04-07
♪壁のうた/♪行ってしまったあんた2020-05-07
♪ものがたり/♪夢2020-06-07