オペラシアターこんにゃく座 歌役者紹介


泉篤史 Izumi Atsushi
泉篤史
2015年入座
新潟県出身
新潟大学卒業
9月16日生
A型

〈主な出演作品・役名〉
オペラ「イヌの仇討あるいは吉良の決断」黒衣乙役
オペラ「スマイル―いつの日か、ひまわりのように」けんと役
オペラ「タング―まほうをかけられた舌―」少年役
Opera club Macbeth」フリーアンス役ほか
オペラ「ロはロボットのロ」シオン役ほか
オペラ「森は生きている」4月の精+警護隊長役

〈ひとこと〉
甘酸っぱい中学生時代。 当時まだ女の子と付き合ったこともなく、最近見事に振られた泉少年は、意気消沈して園芸委員会に入って草花に水をやる、恋とは無縁な学生生活を静かに送っていた。 そして新学期。 新入生が新しく園芸委員会に入ってくる。顔合わせの時、どんな後輩が入ってきたかと新入生を見ているとその中に、なんとまあ可愛らしい女の子がいる。ジャージを見ると名前は〇〇さん。髪型はショートボブで、色白の綺麗な顔立ち。ズキュン。ハッとした。一目惚れだった。 その後すぐに後輩に仕事を教えたのだが、幸運なことにぼくはその〇〇さんとペアだった。仕事を教えるたびにニコッと笑いながら頷く彼女。ズキュュュュン。これは…いよいよぼくにも春がやってきた…!!このまま〇〇さんとといい雰囲気になれるかもしれない!!恋をした時の幸せな気分に包まれた。 活動が終わり、ふわふわした気持ちで彼女を見送る。その後、担当の先生から新しくなった委員会の名簿をもらった。そういえば、〇〇さんの名前、まだ知らなかったな。ジャージにも名前は書いてなかったし、ええと、〇〇さんはと… 『〇〇浩太』 …??………?! …あの可愛かった〇〇さんは男の子でした。あの時の衝撃は忘れません…

これまでの特集記事
泉篤史