朝どれソング

朝どれソングとは...

ソングを毎月7日に2曲ずつ、二年間かけてお届けします。まずは萩京子作曲のソングを24曲、そして林光作曲のソングを24曲。とれたてのみずみずしい食べ物のように、みなさんのエネルギーの源になることを願って。

今月のソング(2019年3月7日公開)

♪ねむり〈沖まどか〉/♪馬〈金村慎太郎、飯野薫〉

映像:和久井幸一

萩京子・作曲ノート

ねむり
詩:まど・みちお、曲:萩京子

この歌は、国際的なボランティア団体である「Make A Wish」の活動に共鳴して作曲したという経緯があります。
2005年に作曲しました。
「Make A Wish」は、難病と闘う子どもたちの夢を叶えるお手伝いをする、という活動をしています。
こんにゃく座が2002年に初演したオペラ『どんぐりと山猫』にどんぐり役で出演してくれたMYちゃんは難病にかかり、病院生活を余儀なくされていました。
彼女のために私が作曲して歌をプレゼントする。MYちゃんがそれを「夢」として望んでくれました。

病気と闘っている彼女の心に届く歌。病気を克服しておとなになってからも、口ずさんでもらえるような歌……。
そんな歌をプレゼントしたいと思いました。
そして見つけたのが、まど・みちおの「ねむり」という詩です。

わたしの からだの
ちいさな ふたつの まどに
しずかに
ブラインドが おりる よる

夜、寝床に横たわる自分のからだについて、まぶたについて、こんな風に感じることができるとは。
「夢」についても語られます。

どんなに ちいさな
ひとつの ゆめも
ほかの ゆめと
ごちゃごちゃに ならないように

眠りのなかで見るのも「夢」。希望として心に描くものも「夢」。
その2種類の夢が、「ねむり」というキーワード(タイトル)に引き寄せられて、毎日やってくる「夜」も怖いものとしてではなく、「夢」を育む時間として感じられるような詩。
この「ねむり」を歌にしてプレゼントしようと思い、作曲しました。
MYちゃんは、「Make A Wish」が主催するコンサートでこの歌をすてきに歌ってくれました。
そして今はすてきな大人の女性になっています。

詩を表示
ねむり

わたしの からだの
ちいさな ふたつの まどに
しずかに
ブラインドが おりる よる
せかいじゅうの
そらと うみと りくの
ありとあらゆる いのちの
ちいさな ふたつずつの まどに
しずかに
ブラインドが おりる

どんなに ちいさな
ひとつの ゆめも
ほかの ゆめと
ごちゃごちゃに ならないように





詩:宮澤賢治、曲:萩京子

宮澤賢治の詩による二重唱曲集「風がおもてで呼んでゐる」の中の一曲です。
谷篤史、潤子夫妻の委嘱により、1991年に作曲しました。
ソプラノとバリトンのための二重唱曲としてつくりましたが、合唱で歌われることも多く、女声、男声、混声、人数もいろいろ、さまざまなバージョンで演奏されています。
男声合唱で歌われたのを聞いたときは、作曲したときには思いもよらなかった世界が出現して驚きました。
ああ、これは花巻農学校でのできごとだったのだ、とあらためて感じました。

ところで、二重唱というものは、いったい誰と誰が誰に向かって歌うのか?
作曲当時、そのことを考え込んでいました。
ひとりで歌うのとは違う、ふたりで歌う楽しさと喜びは知っているのです。
それを聞く楽しさも喜びも。
でも、そのふたりは誰なのか?
谷夫妻に向けて作曲する際、そんなことを思い悩み手間取っていましたが、賢治の詩を選び、賢治と妹トシを勝手にイメージすることで、なんとか作曲することができたのでした。

この「馬」という詩は、賢治の詩のなかでは珍しく、わけのわからないところの無い詩です。
とてもくっきりとしたドラマが描かれています。
でも特に前半に賢治らしい、おもしろい表現がいくつもあります。
「よもぎのなかに」の「に」という助詞の使い方とか、「馬鈴薯のようにくさりかけた」とか。
「夕陽の汁」とは何?!人間にとって夕陽は光だけれど、「食塩の結晶したばさばさの頭」を持つ馬にとっては、夕陽は光ではなくて汁として感じられるのかしら、とか。
そもそも塩でなくて食塩というところもおもしろいのです。
「高圧線にかかったように」というところも想像力を刺激されます。
わけのわからないところの無い詩、と言いましたが、賢治の詩はやはり一行一行、たくさんのひっかかりを用意してくれています。

私には「馬」というタイトルのソングがもう一曲あります。
マリー・ローランサンの詩による「馬」です。 ローランサンは画家ですが、詩も書いているのです。
賢治の馬も死んでいきますが、ローランサンの馬も死んでいきます。
死んでいく馬のかたわらに寄り添う詩です。
馬の死は、なにか胸に突き刺さるようなものを感じさせます。
なぜでしょうか?

詩を表示


いちにちいっぱいよもぎのなかにはたらいて
馬鈴薯のやうにくさりかけた馬は
あかるくそそぐ夕陽の汁を
食塩の結晶したばさばさの頭に感じながら
はたけのへりの熊笹を
ぼりぼりぼりぼり食ってゐた
それから青い晩が来て
やうやく厩に帰った馬は
高圧線にかかったやうに
にはかにばたばた云ひだした
馬は次の日冷たくなった
みんなは松の林の裏へ
巨きな穴をこしらへて
馬の四つの脚をまげ
そこへそろそろおろしてやった
がっくり垂れた頭の上へ
ぼろぼろ土を落としてやって
みんなもぼろぼろ泣いてゐた


♪ゆめ売り/♪明るいほうへ2018-07-07
♪あくび/♪電車2018-08-07
♪わたしのお月さま/♪枯れたオレンジの木のシャンソン2018-09-07
♪餞/♪朝に晩に読むために2018-10-07
♪唄/♪電線工夫2018-11-07
♪うたかたのジャズ/♪青いカナリア2018-12-07
♪空をかついで/♪小さな草2019-01-07
♪しあわせはこぶ銀のロバ/♪暗い柳の木立のかげ2019-02-07
♪ねむり/♪馬2019-03-07
♪ジャストマイサイズ/♪帽子屋さんの子守歌2019-04-07
♪水はうたいます/♪ひびかせうた2019-05-07
♪雨/♪わたしの好きな歌2019-06-07
♪石ころの歌/♪告別2019-07-07
♪魚のいない水族館/♪舟のうた2019-08-07
♪赤い魚と白い魚/♪ちょうちょうさん2019-09-07
♪花のうた/♪ぼくがつきをみると2019-10-07
♪わたしのすきなこなひきさん/♪やさしかったひとに2019-11-07
♪銀河の底で歌われた愛の歌/♪サザンクロスの彼方できこえた父が息子にあたえる歌2019-12-07


and more...