オペラ『末摘花』公演報告
イラスト:村田静穂

オペラ『末摘花』公演は全10ステージ無事終了しました。
ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました!

ダイジェスト映像


紫組ダイジェスト映像



光組ダイジェスト映像

オペラ『末摘花』ものがたり
時は平安時代。ところは京。
父、常陸宮(ひたちのみや)を亡くした姫は後ろ盾を失い生活は困窮し、姫と姫に仕える5人の女房が暮らすこの屋敷は、見るも無残に荒れ果てていた。
かつて、ふとしたことで常陸宮の姫の存在を知った光源氏は、心を寄せ、契りを結ぶ。
だが今は、源氏は失脚し須磨へ退去し、2年が経とうとしていた。
この屋敷の主である姫は、源氏の再訪を信じ、待ち続けている。
イラスト:高岡由季


【冬】
雪晴れの朝、若い女房の右近と左近は、古く傷んだ屋敷、質素な食事、姫の気の利かなさなど、今の奉公への不満を述べ合っている。

この屋敷を取り仕切る中年の女房・宰相(さいしょう)もまた、今の待遇に不満を持っていた。
頑なに古いしきたりを守って暮らす姫の唯一の理解者は、姫の乳母でもある老年の少将(しょうしょう)だった。少将は姫のもとに源氏が再び訪れ、姫が幸せになり、この家が持ち直すことを夢見ている。

少将の娘、侍従(じじゅう)は、この常陸宮の屋敷と、姫の叔母の嫁ぎ先である受領(ずりょう)の家に、掛け持ちで仕えていた。
侍従は、受領の家の羽振りの良さを母である少将に説き、いつ来るかわからない源氏を待つよりも、叔母を頼るべきだと主張する。

めいめいの思惑が交錯するなか、姫は愚直に源氏の愛情を信じ、待ち続けるのだった。

【秋】
姫の母の妹である叔母は受領に嫁ぎ、宮家と比べると身分は格下だが裕福な身の上となっている。
その叔母が訪ねてきて、この家や調度品を売り払い、姫に自分の家に来て娘たちの教育係になるよう勧める。

しかし姫は、父から受け継いだものは何一つ手放さないと頑なに拒否する。
姫の心頼りは源氏の君。源氏など当てにならないという叔母の説得にも、源氏を想う心だけは誰にも負けない、と姫は信念を曲げない。

叔母は、では侍従をもらう、と言い出す。受領である夫の甥に嫁がせる算段もしている。
侍従の思い通りにさせると答える姫と少将。
そこへ、源氏が名誉を回復し、権大納言に任命され都に戻る、という知らせが届き、一同喜びに包まれる。

【春】
源氏が都に戻ってから半年の月日が経った。
源氏の君は一向に屋敷を訪れる気配もないが、姫は信じ待ち続けている。
叔母がやって来て、夫が出世して筑紫に赴任することになったので、侍従も甥と結婚させて連れて行きたいと言う。

姫にも、現実をよく考えて源氏のことは諦め、一緒に筑紫に来るよう説得するが、姫は承知しないため、侍従だけが叔母に着いて筑紫に行くことになった。
姫は乳姉妹でもあった侍従との別れを惜しんで、自分の髪の毛で拵えたかもじを餞として贈るのだった。

少将は、娘である侍従が自分を捨てて出立することに腹を立てている。
侍従は、すぐに母を呼び寄せるつもりだと釈明するが、少将の押さえていた怒りが噴き出し、この屋敷で朽ち果てる、と叫び出す。

騒ぎを聞きつけた宰相がやってきて、姫が侍従に渡した餞に目をやる。
その何たるかを見た宰相は、ついに姫に――この屋敷に愛想を尽かし逆上する。

少将はひとり残されることを恐れ、出て行こうとする宰相を必死に引き止めようとするのだったが、宰相も不満と怒りを爆発させ、少将を振り払い出て行ってしまった。
泣き崩れる少将のそばに姫が近寄る。
ふたりっきりになった姫と少将。

と、そこへ侍従が慌てて駆け込んでくる。
侍従がもたらした報せ――それは、姫が待ちに待ったものであった。

写真:前澤秀登

公演データ
オペラシアターこんにゃく座公演
オペラ『末摘花』

原作:榊原政常「しんしゃく源氏物語」
作曲:寺嶋陸也
演出:大石哲史

美術:杉山至
衣裳:宮本宣子
照明:成瀬一裕
振付:向雲太郎
舞台監督:八木清市
音楽監督:萩京子

照明操作:あかり組 曽根篤志、奥出利重子
大道具製作:(株)俳優座劇場・舞台美術部
小道具:高津装飾美術株式会社
衣裳製作:宮本宣子ワークショップ、松竹衣裳株式会社 中司映利子
舞台監督助手:石橋侑紀
稽古ピアニスト:入川舜、五味貴秋

演出助手:青木美佐子
演出部:北野雄一郎、泉篤史
衣裳部:熊谷みさと、鈴木あかね
照明部:佐藤敏之、入江茉奈
票券:壹岐隆邦
制作:森友希、忠地あずみ、湯本真紀、大原小夜子、田上ナナ子、土居麦、高橋志野

宣伝美術:小田善久(デザイン)
写真撮影:前澤秀登
記録映像撮影:和久井幸一、高良真剣、新藤早代

協力: ニケステージワークス、吉澤あずさ

◆出演
【紫組】
鈴木裕加 飯野薫 相原智枝 彦坂仁美
鈴木裕加 飯野薫 相原智枝 彦坂仁美
姫(末摘花)

侍従(少将の娘・姫の幼なじみ)

少将(乳母)

宰相(世話役・お目付け役)

齊藤路都 荒井美樹 石窪朋
齊藤路都 荒井美樹 石窪朋
叔母 右近 左近

【光組】
高岡由季 小林ゆず子 岡原真弓 花島春枝
高岡由季 小林ゆず子 岡原真弓 花島春枝
姫(末摘花)

侍従(少将の娘・姫の幼なじみ)

少将(乳母)

宰相(世話役・お目付け役)

山本伸子 石窪朋 荒井美樹
山本伸子 石窪朋 荒井美樹
叔母 右近 左近

ピアノ/寺嶋陸也

◆会場
俳優座劇場

◆公演日程
2020年9月8日(火)〜13日(日)

◆助成
文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)│独立行政法人日本芸術文化振興会

◆主催・制作
オペラシアターこんにゃく座


  一覧に戻る