オペラシアターこんにゃく座 歌役者紹介


相原智枝 Aihara Tomoe
相原智枝
1988年入座
東京都出身
東京芸術大学別科声楽専攻中退
7月29日生
O型

〈主な出演作品・役名〉
オペラ「末摘花」少将(乳母)役
オペラ「イヌの仇討あるいは吉良の決断」お三さま役
喜歌劇「天国と地獄」ジュノー役
オペラ「スマイル―いつの日か、ひまわりのように」サヨコ役
オペラ「ロはロボットのロ」ノーマ役ほか
オペラ「吾輩は猫である」二絃琴師匠役
オペラ「金色夜叉」お峯役
オペラ「変身」母親役
オペラ「ネズミの涙」コバルト役
あちゃらかオペラ「夏の夜の夢〜嗚呼!大正浪漫編」コダマの女王・カスガ役
オペラ「フィガロの結婚」マルチェリーナ役
オペラ「森は生きている」9月の精+おっ母さん役、8月の精+女官長役、3月の精+女官長役

〈ひとこと〉
結構、筋金入りの方向音痴で、だいたい逆の方向に行くとあっている事が多いのですが、これも確実では無いので。
良く地図を見られない女という、言い方がありますが、正にそれです。
車の運転は決して嫌いでは無いのですが、かつては、免許証も持っていましたし、でも地図が不得意なので。
どうも、気軽に車で出かけるという事が出来ず、地図さえ読めたら随分行動範囲が広くなるのになぁと思ったりします。
でも、腰の重い方でもないので、電車、バス、歩きを、駆使してどこへでも出かけてます。
こんにゃく座の旅公演のオルグでは岡山の山の方の姫新線とか津山線とか、栃木の真岡線(単線)にも時々のります。
そして、2万歩くらい歩いたりも、珠にします(^^)
案外、地図が見られない→車を運転しない→公共交通機関を使用しかつ歩く、という健康に良い連鎖になっているかもしれないけれど。
地図は見られるようになりたーい!!

〈これまでの特集記事〉
・オペラ『末摘花』出演者一問一答
・こんにゃく図鑑 歌役者編(Facebook)

〈♪朝どれソング〉
2019年8月「舟のうた
相原智枝