お返事編 紫組から光組へ

オペラ『末摘花』の特集ページでは、出演者12名に演じる役や作品に関する質問に答えてもらいました。
おまけの質問として、最後に投げかけた「今回あなたと同じ役を演じるあの人に、今聞きたいことを1つだけ教えてください。」という質問の回答に、それぞれお返事を書いてもらいました。

今回は、光組出演者の質問に対する、紫組出演者のお返事です。

姫(末摘花)役の二人
〈光組〉 高岡由季の聞きたいこと
普段から色々聞いているので。また聞きたいことがあったら言います。


〈紫組〉鈴木裕加からのお返事

質問が出てきたら言ってくださいな。
そのつどお答えしまーす。

侍従役の二人
〈光組〉 小林ゆず子の聞きたいこと
「侍従という役は好きかな」っていうのを聞いてみたいと思います。


〈紫組〉飯野薫からのお返事

侍従をどのようにつくろうか探っている途中なのでまだなんとも。好きなところもそうでないところもあります。

少将役の二人
〈光組〉 岡原真弓の聞きたいこと
産んだ子と育てた子、姫は育てた以上の何か存在なのかもしれないけど、その差と言うか、そういうのをどう思っているのかな、と聞きたいです。


〈紫組〉相原智枝からのお返事

そうですね。自分の産んだ子供はやはり、理性では別人格と理解できても、身から離れないものくらいの執着の強さがあるのではと思います。特に少将はきっと多くの時間を姫に割いて、侍従のことは、あまり構わなかったのではないかしら。でもお陰で侍従はしっかり物でチャッカリ者に育った?
姫のことはある程度、客観的に見る事ができるけれど、その生き方に共感、感動して、単に乳母というより、姫にどんどん加担するようになったのでは? なんてね。(^.^)

宰相役の二人
〈光組〉 花島春枝の聞きたいこと
ゆるぎない音楽的な信念をもっている方で、小さい音の表現をすごく大切にされるし… 媚びない、人に惑わされない強さの秘訣を知りたいです。


〈紫組〉彦坂仁美からのお返事

えーっ! そんな風に思って頂き嬉しいです!
P(ピアノ・弱くを意味する音楽用語)で成立するにはどうしたら良いかな?と格闘するのが好きみたいです。
会場がシーンとなってお客様が集中して聴いてくださってるっていうのに憧れてるのかな?
又落ち着いたら、よーく考えてみます(^.^)

叔母役の二人
〈光組〉 山本伸子の聞きたいこと
ご飯食べてる? るっちゃん。大丈夫?


〈紫組〉齊藤路都からのお返事

前略伸子さま
動画を通して私を気にかけてくださる一言をありがとうございます。
この夏は冷たい食べ物にばかり食指がうごき、冷や奴(薬味なし)な毎日です。オンリー豆腐が“ご飯食べてる”に該当するかは、はなはだ謎ですが、棒付アイス(サイダー味)ばかり食べていた頃から心を入れ替えたのだと思っていただけば幸いです。
そうですね、もう一段、心を入れ替えて今日は卵豆腐にしてみるのよいかもしれません。 もっと心を入れ替えた暁には、冷やし茶碗蒸しをメニューに取り入れてみたいと思います。そのときはご一緒にいかがですか? いろよいお返事、お待ちしています。

右近役の二人
〈光組〉 石窪朋の聞きたいこと
私と会話をしているとき何を思っていますか? まずそこから聞きたいですね。


〈紫組〉荒井美樹からのお返事

耳を傾けしっかり聞いています!(笑)話していると、私の言うことをしっかり受けとめようと、色々考えてくれているんだろうと思います。いつも支えていただき感謝です。


(稽古場写真 撮影:前澤秀登)


   


  一覧に戻る