オペラシアターこんにゃく座 歌役者紹介


泉篤史 Izumi Atsushi
泉篤史
2015年入座
新潟県出身
新潟大学卒業
9月16日生
A型

〈主な出演作品・役名〉
オペラ「イワンのばか」バヤン役
オペラ「おじいちゃんの口笛
オペラ「イヌの仇討あるいは吉良の決断」黒衣乙役
オペラ「スマイル―いつの日か、ひまわりのように」けんと役
オペラ「タング―まほうをかけられた舌―」少年役
Opera club Macbeth」フリーアンス役ほか
オペラ「ロはロボットのロ」シオン役ほか
オペラ「森は生きている」4月の精+警護隊長役

〈ひとこと〉
2020年2月、僕はオペラ『イワンのばか』に出演し、トランペットを吹いていたーー

が、それまでの僕にはあまりにもブランクがありすぎました。ドヘタクソになっていたのです。
『イワンのばか』で久しぶりに楽器と共に照明を浴びてからというもの、僕のトランペットへの情熱はとどまるところを知りません。小学校のマーチングで出会い、気付けば大学まで続けてきました。大好きな楽器です。今回の公演で演奏させてもらえることとなり、よおし、久々に吹いてみるかーと楽器を構えてみると

……プッ…スー…プピィ………え……おっ、音が出ないっっ!!!!

もうショッキングでした。決してそれまでがべらぼうに上手かったわけではありません。むしろずっと続けてた割にヘタクソでした。でも、それでもヘタクソなりに頑張っていたのに。この前座の倉庫に無慈悲にも置き去りにしてしまったから楽器がヘソを曲げてしまったのだろうか(?)
それ以来、モーレツにお稽古をし、なんとか本番を終えました。今では隙間を見つけてはラッパを吹くようになりました。
ということで、今年は「トランペットの上達」と長年の課題「忘れもの・ごとをなくすこと」を目指していきたいと思う今日この頃。

〈これまでの特集記事〉
・オペラ「タング―まほうをかけられた舌―」出演者紹介
・オペラ「タング―まほうをかけられた舌―」タングな座談会
・こんにゃく図鑑 歌役者編(Facebook)

〈♪朝どれソング〉
2020年3月「つまさききらきら

《次回出演作品》
オペラ『森は生きている』新演出版 4月、カラス役 2021年2月19〜24日 世田谷パブリックシアター
泉篤史