オペラシアターこんにゃく座 歌役者紹介


大石哲史 OISHI Satoshi
大石哲史
1981年入座
京都府出身
京都市立芸術大学卒業
2月23日生
A型

〈主な演出作品〉
オペラ「末摘花
オペラ「タング―まほうをかけられた舌―
オペラ「想稿・銀河鉄道の夜
オペラ「森は生きている
うたものがたり「よだかの星
オペラ「そしてみんなうそをついた

〈主な出演作品・役名〉
オペラ「さよなら、ドン・キホーテ!」ロシナンテ(老馬)役
オペラ「森は生きている」 11月+兵士役
オペラ「おじいちゃんの口笛」ニルス役
オペラ「遠野物語」万蔵役ほか
オペラ「イヌの仇討あるいは吉良の決断」吉良上津介義央役
喜歌劇「天国と地獄」ジュピター役
歌芝居「魔法の笛」パパゲーノ役
オペラ「白墨の輪」アツダク役ほか
オペラ「おぐりとてるて」閻魔大王役ほか
オペラ「アルレッキーノ」アルレッキーノ役
オペラ「金色夜叉」間貫一役
オペラ「変身」K役
あちゃらかオペラ「夏の夜の夢〜嗚呼!大正浪漫編」コダマの王・ヤマト役
オペラ「フィガロの結婚」アルマヴィーヴァ伯爵役

〈ひとこと〉
私の座内での仕事の一つに、割り箸書家があります。主に、うた会などのプログラムを、割り箸を削り、先を細くしてティッシュを巻き、墨汁で字を書いてゆくのです。只、今年1月4日の50周年コンサートの時の舞台上に置いたプログラムは、流石に割り箸では細すぎて読めないので、家の冷蔵庫を物色して、野菜室にあったズッキーニとさつまいもを使いました。使った跡は、勿論削って、食べました。

〈これまでの特集記事〉
・オペラ『グスコーブドリの伝記』出演者インタビュー
・こんにゃく図鑑 歌役者編(Facebook)
・オペラ『おじいちゃんの口笛』出演者トーク

〈♪ソング動画〉
うたかたのジャズ」(朝どれソング)
暗い柳の木立のかげ」(朝どれソング)
花のうた」(朝どれソング)
サザンクロスの彼方できこえた父が息子にあたえる歌」(朝どれソング)
ルフラン」(Cスタソング)
大石哲史