オペラシアターこんにゃく座 旅公演レパートリー



オペラ『森は生きている』


わがままな女王の気まぐれからはじまった
かごいっぱいの金貨につられた
マツユキ草探し
むりやり冬の森へ行かされた
〈むすめ〉が 出会ったのは
〈時間〉をつかさどる自然のまもり手
一月から十二月までの
十二人の〈月の精〉たちだった
“もえろ もえろ あざやかに”
月たちが歌う焚き火のぬくもりのなかで
〈むすめ〉はなにをもらったか?
女王はなにを学んだか?
スタッフ
原作:サムイル・マルシャーク 訳:湯浅芳子 台本・作曲:林光 演出:大石哲史
美術:池田ともゆき 衣裳:半田悦子 照明:成瀬一裕 振付:楠原竜也
舞台監督:久寿田義晴 演出助手:立山ひろみ 音楽監督:萩京子
ものがたり
新しい年を迎える大晦日、わがままな女王が、四月に咲くマツユキ草がほしいと言い出したために、国中は大さわぎ。ほうびの金貨に目がくらむ継母のいいつけで、マツユキ草を採ってくるようにと一人の娘が真っ暗な森に追いやられます。 そこでは十二月の精たちがたき火を囲んで新年の儀式の最中でした。 娘の話を聞いた四月の精は、他の月たちに頼んで一時間だけ「時」をゆずってもらいます。娘はマツユキ草を手に入れましたが、それを渡された女王は、自らマツユキ草を摘むために吹雪の森へと出かけます。しかし、そこで待ちうけていたものは…。
作曲家より
オペラ『森は生きている』は、この物語を知らない、こんにゃく座のオペラを見たこともないすべての人たちに捧げられるが、同時に、物語で、劇で『森は生きている』に出会ったことのあるすべての人たち、とりわけ、『十二つきの歌』や、『カラスの歌』を歌ってくれた知り合いの、そしてまだ会ったことがないたくさんのこどもたちにも捧げられる。(林光)
アンケート
・すばらしかったです。子どもの頃(まだ小学生?)はじめて見てから、ずっと12月の歌‘燃えろ燃えろ…’が心に残っていて、今日歌が始まったとたん涙があふれてしまいました。(50代女性)

・始まりの全員揃っての歌のところで感動し、涙が出てしましました。ピアノ一本で最初から最後まで、とてもぜいたくですね。小3と小1の子供も喜んで観ていました。連れてきて良かったです。(保育園事務)

・今まで何回も観てきたこんにゃく座の『森は生きている』。また新しくとっても新鮮でした。『森は生きている』のものがたりの本質をしっかり伝えてくれていて、とてもよかったです。(40代保育士)

・1番前の席で乗り出すようにして一気に見抜いた!!という感じです。ありきたりの言葉ですが、感動、感動、感動の2時間半でした。ストーリーのメッセージの明確化、一人一人の役者さんの全力投球の歌、芝居、大道具、小道具、衣裳のすばらしさ、すべてが相まってのすばらしい舞台でした。(50代女性)

・見入って、身を乗り出して、終演の時には全身は震えるほどエネルギーとパワーをいただきました。(20代女性)

・幻想的で美しくて笑えてほっこりして夢を見ていたみたいでした。衣裳もカラフルで目が楽しかったです。(女子高校生)
公演データ
公演日程
 2017年6月〜7月、11月〜12月
上演時間
 2時間20分(休憩15分を含む)仕込み4時間・バラシ1.5時間
会場条件
 間口10.8m 奥行き9m 高さ4.8m
 ※体育館公演可能。その際公演条件が変わります。詳細はお問い合わせ下さい。
人数
 18人(歌役者12人+ピアニスト1人+スタッフ5人)
移動方法
 電車移動・運搬トラック4t車2台

 公演について、資料の請求はこんにゃく座までお問い合わせください

2016年度ツアースケジュール


一覧に戻る