オペラシアターこんにゃく座 旅公演レパートリー



オペラ『まげもん-MAGAIMON』


あんさん、
これは
みんな一夜の
夢でっせ
スタッフ
台本・演出:鄭義信 作曲:萩京子 美術:加藤ちか 衣裳:出川淳子
照明:増田隆芳 殺陣:國井正廣 振付:吉野記代子 特殊小道具:渡辺数憲
ものがたり
「ある日、ある時、ある所。くわしいことはよう知らしません。晴れた日に雨が降るのは狐の嫁入り、晴れた夜に雨が降るのは狸の婿入り。いや、ほんまでっせ。その婚礼の夜にですな、一匹の狸が逃げ出したんですわ。なんでも、人になりたいとか……」旅の一座が語る、人に化けた狸のチャンバラ活劇オペラ。斬った張ったの、上よ下よの大騒動。渡世の波を無事、泳ぎきれるのか。それとも狸が人にだまされるのか。嘘か真か、真か嘘か。狸の話に狐につままれるのか。それは見てのお楽しみ。
公演評
とにかく楽しい舞台。
猥雑でエネルギッシュなエンターテイメントの本質で魅せる。
言葉の聞こえてくる発声と鍛えられた動きは、
それが「まがいもの」などではない、
真のパフォーマンスに属するものであることを証明していた。
(東京新聞)

掛け合いの面白さなどはこんにゃく座の舞台として昇華され、
座員それぞれの俳優としての個性が
はじけんばかりに鬼気としてあらわれた。
(週間オン☆ステージ新聞)
アンケート
・時代劇のオペラ、まったく想像もつかず、劇場のイスに座ったのですが、いやはやびっくり。マッチしていました。

・泣かせて頂きました。笑いあり、涙ありの言葉がピッタリのオペラでした。ホタル一家の場面や侍と交代で戦うところがとても面白かったです。茂平の真っすぐすぎる気持ちにもじんときました。

・本当にたくさんのことを感じました。まず、、、やはり泣いてしまいました。特に誰かの命が失われる場面では必ず涙が出てきてしまいます。(中略)“まがいもん”の言葉の深さも胸に強く残りました。姿は仮ものの“まがいもん”だけれど、ほんまもんの姿をもつ者よりもよっぽど“ほんまもん”の心を持つ茂平。そして、それぞれの人(とタヌキ)が持つ心は、出会えて良かったと心から思えるものでした。

・今日の公演素晴らしかったです!
僕やみんなの持っていた「オペラ」の固定観念を打ち破ってくれました。
ピアノもほぼ弾きっぱなしでしたよね!?凄いです!
公演データ
公演日程
 2017年7月〜8月上旬
上演時間
 2時間20分   仕込5時間・バラシ1時間
会場条件
 間口10.8m 奥行き9m
 ※体育館公演可能。その際公演条件が変わります。詳細はお問い合わせ下さい。
人数
 19人(歌役者9人+ピアニスト1人+スタッフ9人)
移動方法
 電車移動・運搬トラック4t車2台

 公演について、資料の請求はこんにゃく座までお問い合わせください

2017年度ツアースケジュール


一覧に戻る