オペラシアターこんにゃく座 歌役者紹介


泉篤史 Izumi Atsushi
泉篤史
2015年入座
新潟県出身
新潟大学卒業
9月16日生
A型

〈主な出演作品・役名〉
オペラ「スマイル―いつの日か、ひまわりのように」けんと役
オペラ「タング―まほうをかけられた舌―」少年役
Opera club Macbeth」フリーアンス役ほか
オペラ「ロはロボットのロ」シオン役ほか
オペラ「森は生きている」4月の精+警護隊長役

〈ひとこと〉
冬から春に季節が変わる時、僕にはちょっとした楽しみがあります。
それは春先に雨が降った時の、沸き立つ土の匂いをかぐこと。
すごくマニアックなんですが、分かります?(笑)好きなんですよねえ。誰にも「あ、春がきたなあ」って思う瞬間があると思うのですが、僕の場合は雨が降る時の土の匂いなんです。冬って、木々も枯れて色がなくなって、白と黒のモノクロの景色になって。 そして同時に草花なんかの匂いも消えていって、冬の「匂い」になっていく。 冬の景色や匂いもいいものだけれど、ちょっと寂しい気持ちになる。 だから、春特有の、雨が降った時の土の匂いをかぐと、じっと冬が終わるのを待っていた地面が、 雨にうたれて覚醒していくような気がして、嬉しくなります。
「あぁ、春が来たんだなぁ」
しん…と静まる冬の世界に、生命が息づいてくる。
寒くてモノクロの景色の冬。その世界に、匂いがふわっと色をつける。
ふと立ち止まって静かに深呼吸する。匂いなのに色があるなあ。不思議な感覚。
うーん、言葉で表すのは難しいんですが…そんな、春先の雨が降った時の、沸き立つ土の匂いが好きです。

これまでの特集記事

《次回出演情報》
オペラ「イヌの仇討あるいは吉良の決断」黒衣乙役
2018年9月14日(金)〜23日(日)@吉祥寺シアター(吉祥寺)
泉篤史