朝から生ソング

朝から生ソングとは……

こんにゃく座がコンサートなどで歌っている「ソング」。古今東西の詩人の詩に、林光、萩京子が作曲したうたたちです。
そのソングを座員と一緒に歌いませんか。こんにゃく座の稽古場から生配信します。
ご自宅で、職場で。お好きなところで座員と一緒に歌いましょう!

【次回配信予定】

第5回
♪雨の音楽
♪うんこ

2021年5月2日(日)朝8時から30分くらい





*参加方法
配信当日、時間になったら、上の画面より生配信を視聴できます。
無料です。事前申込などは必要ありません。
画面上に映るのはこんにゃく座の出演者のみで、参加されるみなさんは映りません。

楽譜などは特に配信いたしませんので、
こちらの音源をご参考にしてください。

♪雨の音楽
♪うんこ


ご感想・ご要望はコメント欄でご自由にどうぞ!Eメールはこちら

参加予定座員:萩京子、佐藤敏之、島田大翼、沖まどか 他



雨の音楽
詩:ジョセフ・シーモン・コッター・ジュニア
訳:木島始
曲:林光

雨の音楽

埃っぽい大地の太鼓ドラム
降る雨が打ちつける
はじめは囁く小声で
それからだんだん大声の調子で

かぼそい銀色のばちが
古いこのドラムにあたり
甘い音楽を叩きだす
いのちを呼びおこし

めざめた大地の和音
緑萌える春の旋律が
勝ちほこって昇りくだる
あらゆるもののうえに

かぼそい銀色のばちが
長く轟きならす
大音楽家の神様が
新しいいのちを呼びさます




うんこ
詩:谷川俊太郎
曲:萩京子

うんこ

ごきぶりの うんこは ちいさい
ぞうの うんこは おおきい

うんこというものは
いろいろな かたちをしている

いしのような うんこ
わらのような うんこ

うんこというものは
いろいろな いろをしている

うんこというものは
くさや きを そだてる

うんこというものを
たべるむしも いる

どんなうつくしいひとの
うんこも くさい

どんなえらいひとも
うんこを する

うんこよ きょうも
げんきに でてこい





2021/03/27 配信分
♪ちょうちょうさん/♪いずみのみず



2021/01/24 配信分
♪森は生きている/♪一瞬の「いま」を/♪十二月の歌



2020/11/08 配信分
♪つまさききらきら/♪空をかついで



2020/09/22 配信分
♪グランド電柱/♪青いカナリア